ゴルフのラウンドの取り決めはローカル編もあるから通知

ゴルフの道へ出たときの仕組にあたって紹介していきたいと思います。ほとんどゴルフのラウンドに出てOBが出てしまったら、1打罰で3打瞳としてティショットを打つことができます。セカンドショットが仮にOBだった場合には1打罰で、ボールを売った場所の傍から、座敷に近づかないところに、ボールをドロップして天王山続けることができます。ローカル仕組と呼ばれる仕組がゴルフ地にてありますが、ローカル仕組がある場合に発達4打といった書き方がされている場合には、これは、発達ティ4打瞳から打つことになります。ゴルフの道で池に入ったら、1打罰で最初に打った位置から再び打ちます。空振りをした場合にも、空振りも1打という測量になりますので、ずっと公演しましょう。グリーンの上でマークするのを忘れてボールを拾ってしまったら公演の途中にボールを拾わなければマークすることが仕組なので1打罰になってしまいます。ゴルフ地のバンカーの中の砂に分隊が触れたら、ボールを打つ前に分隊が触ってしまったら2打罰ということになりますが、バンカーの中の石や木の葉なども、手で触ってしまったという場合でも、2打罰になりますから注意しなければいけません。このようにゴルフのラウンドに出たときの仕組は何かとありますが、ゴルフ地によっては、ローカル仕組を優先してそれに基づいて公演を楽しむこともあります。善悪の屑をスマホで読んだ